兵庫・大阪・京都での不動産のご相談は日住サービスへ

土地仮測量・敷地内調査
サービス

土地家屋調査士が、
お客様の不動産の敷地内で境界等の現況調査を実施します。

  1. 1
    境界標の有無を確認
    目視により境界標の有無について確認します。
    境界標の有無を確認
  2. 2
    仮測量図面の作成
    現況の境界標などをもとに仮測量を行い、
    土地の面積、周辺の長さを図ります。
    仮測量図面の作成
  3. 3
    越境の有無の確認
    軒先や樹木、ブロック塀等が
    境界線を越えているかどうか確認します。
    越境の有無の確認
  4. 4
    セットバック面積の概算
    前面道路幅員が4m未満の場合、
    仮測量に基づき、建築基準法上の道路の
    幅員確保の観点から、敷地として使用できる面積が
    どの程度減少するのか概算を提示いたします。
    セットバック面積の概算

    市役所での調査は行いませんので、あくまでその面積は予想であり、実際の面積とは差異を生じます。

  5. 5
    土地の高低差の確認
    敷地が道路や隣接地に対して、
    高低差がどの程度あるか確認いたします。
    土地の高低差の確認
  • 不動産の状況により各項目を実施できない場合があります。
  • あくまで隣地所有者との立会確認をしない状態での仮測量に基づく確認です。
  • 土地・一戸建て・一棟ビル(事業用除く)で、敷地面積500m²以内の土地に限ります。
  • 仮測量図記載の各境界は点であるため、売主様が義務を負う買主様への境界明示には使用できません。
  • 本サービスをご利用いただいた後に本測量が必要になった時は、原則として仮測量を実施した調査会社をご利用いただきます。
    なお、境界線の確定、境界標の復元・新設には、隣地所有者との立会いや行政手続きを必要とし、本測量には費用が必要となります。 当該費用については、別途見積書をご提示いたします。

下記の3つの利用条件にあてはまる売主様は上記のサポートメニューを無償でご利用いただけます。それ以外の売主様に関しては有償となります。
なお、利用の可否については、当社がその必要性も含め判断させていただくことになります。
①当社営業エリアにある居住用一戸建て・土地であること。
②売却物件の当社査定価格が1,500万円以上で、売出(媒介)価格が当該査定価格の115%以内であること。
③当社と専任もしくは専属専任媒介契約(媒介期間3ヶ月間)を締結され、当社規定の仲介手数料をお支払いただける個人・法人様(宅建業者を除く)。
なお、原則として、他の無償サービスとの併用はできません。
買主様が上記サポートメニューをご利用される場合は基本有償となりますが、一部のサポートメニューにつきましては、買主様も無償でご利用いただけます。
お気軽に営業担当までご相談ください。

MENU