マンション売却目安は築10年?築年数別の売却時ポイントも解説!

2021.05.31売却
Pocket

マンション売却の目安

マンションの売却は建物の築年数と深く関係しています。

初めてのマンション売却ともなれば、「一体どれくらいの築年数まで高く売ることができるのだろう…」と気になっていませんか?

一般的にマンション売却は建物が建てられてから10年が目安だと言われています。

今回は築10年のマンション売却がベストな理由と、マンションの築年数別の売却ポイントをご紹介します。

 

マンション売却の目安は築10

築年数10年

マンションに限らず不動産全般では、築年数が経過するに従って資産の価値も下落します。

たとえ同じエリアに立地するマンションであっても、築年数が異なることで売却相場にも差が出てきてしまうのです。

築10年になるマンションは、築年数としてはまだ浅い方なのですが中古物件ではあるため、比較的低価格での購入が可能です。

「綺麗でお手頃価格の中古マンションを購入したい」という方に人気があり、売却しやすい築年数だと言えます。

また築10年を過ぎてしまうと、売却価格が下落する可能性がありますので、売却利益が出るうちに売却※をしたいとお考えの際は、築10年より前に行うと良いでしょう。

※新築分譲時の販売状況や分譲時期より売却利益の出やすさは変動します。

 

築年数別のマンション売却ポイント

売却のポイント

マンションの売却ポイントを築年数別に表示してみました。

 

築5年以下

築年数の浅いマンションは間取り・設備に関して新築と条件が近いため、新築と変わらない価格で売れる可能性もあります。

新築時の完売状況や立地によっては新築より高額で売却できる場合もあります。

築5年以下のマンションが売却されることは珍しく、市場に流通する数はかなり少ないのです。

そのため売却の価格を高く設定しても、買い手からの反応が良い場合もあります。

ただ、好条件でのマンション売却には、信頼のおける不動産会社と契約を結ぶことが大切です。

周辺の情報を頭に入れており、実績も経験も豊富な不動産会社を選ぶようにすると良いでしょう。

 

築10年以上

マンションが建てられてから10年以上が経過した住宅は、建物の見映えが悪くなりつつあります。

管理が十分でないと、買い手に「建物が古い」という印象を与えてしまう恐れがあります。

また築年数が15年ほどになるマンションのほとんどは、そのタイミングで一度、補修工事を大規模に行います。

マンションの住民はその補修工事費用について、修繕積立金で足りない際には、一時金を払わなければならない場合があります。その時期に関しては購入を渋られる要因になります。

補修工事が完了した後に売却すれば、買い手がスムーズに見つかる可能性が高いです。

 

築20年以上

建てられてから20年が過ぎると、浴室やキッチンの設備が経年劣化していたり、間取りが今の流行から外れていたりと建物の古さが目立つようになってきます。

このタイミングで売却を考えている場合は、リフォームで最新の設備を取り入れるなどの工夫を行うことが大切です。

金銭面の問題からリフォームを行うことが難しい場合は、買い手がマンションを購入した後にリフォームをしやすいよう、売却価格を低く設定しておくという方法もあります。

 

築30年以上

建てられてから30年が経過した物件は、設備類の大半を交換しなければならないでしょう。

また需要は少ないことから、価格も下落します。

大規模な修繕工事は必須となるので、修繕積立金を積み立ててきたかどうかがポイントです。

また買い手はこの修繕積立金が集められているかを確認することができます。

積み立てができていない場合、マンション売却の価格を大きく値下げする必要があるでしょう。

 

おわりに

今回は築10年のマンション売却がベストな理由と、マンションの築年数別の売却ポイントをご紹介しました。

中古物件ではありますが綺麗な状態を保っている場合が多いことから、築10年のマンションには買い手の需要があります。

今後マンションを売却しようとお考えの際には、この築10年という基準を想定して売却を検討するようにしましょう。

タグ : 売却 マンション売却 10年 築年数
The following two tabs change content below.
アバター

株式会社日住サービス

日住サービスは大阪・兵庫・京都の不動産探しのお手伝いをしている総合不動産企業です。不動産に関するあらゆるご相談を承っております。