中古マンション購入で気を付けておきたい!マンション管理とは?

2020.09.17マンション
Pocket

中古マンションの購入にあたっては、「管理」についてもしっかりと確認しておきましょう。

「管理」は、マンションに関する多くのトラブルや満足度に大きく関わっています。

それにも関わらず、その重要度はわかりにくいため、マンション購入時には見逃されてしまうことがあるのです。

安心して過ごすことのできる、「マンション管理」について、しっかりと知っていきましょう。

 

そもそも、マンション管理とは

マンションの管理のために、マンションに居住する際は「管理費」の支払いをします。

この「管理費」は、なぜ必要なのでしょうか?

マンション管理とは、マンションに居住するすべての住人が安全かつ快適に居住できるようにすることです。

そのために必要な費用がマンション管理費なのです。

マンション管理という言葉から、共用部分の清掃をイメージされる方もいますが、実際にはそれだけではありません。

マンション設備の保守や点検、マンション住民の間で起きたトラブルの仲裁、防犯面の強化、老朽化したマンションの修繕計画のプランニングや実行、修繕費や管理費の管理。

このように、マンション管理で行う内容は多岐に渡ります。

マンション管理の良し悪しは、清掃面だけでなくこのような多くの内容全体から見る必要があるのです。

マンション管理がしっかりと行われているかどうかは、現在の生活にも将来の資産価値にも大きな影響を与えます。

中古マンションを購入する際は、購入前にきちんとチェックしておきましょう。

 

マンションの規模によって管理の量や質は変わる

大規模マンションなのか小規模マンションなのか。

それによっても、管理の量や質は変わります。

小規模マンションであれば、住民の数が少ないためマンション管理はスムーズに進行しやすいです。

ただ、場合によっては、住民一人当たりの負担額が大きくなることがあります。

本来大きくなる負担額を管理の質や量を減らすことで、安くしているという場合もあるでしょう。

小規模マンションを購入する際は、管理の質や量が十分であるか、その上で管理費が高すぎることはないかを確認しておくと良いでしょう。

大規模マンションを購入する場合はどうでしょうか?

大規模マンションを購入するメリットの一つとして、「住居者用の共用施設が充実している」という点が挙げられます。

大規模マンションは、居住者が多いため、小規模マンションよりも充実した共用施設を設置しやすいのです。

ただ、充実した共用施設があるということは、その管理が必要になるということです。

物件によっては、スポーツジムやプール、緑地ゾーンなどを備えたものもあります。

これらの共用施設が多くなればそれだけ管理の必要がでてきます。

こういった大規模マンションの購入を検討する際は、管理費とその詳細をしっかりと確認するようにしましょう。

 

中古マンション購入時には、こういった内容を必ずチェックしましょう

これから購入しようとしているその中古マンション。

マンション管理が行き届いているかを確認する際は、こういった点に必ず注意しましょう。

 

清掃・管理

清掃だけがマンション管理ではないとは言っても、やはり清掃面は重要です。

エントランスやエレベーター、郵便ボックスや自転車置き場などの共用部分がきちんと清掃されているかはしっかりと確認しておかなければいけません。

こういった部分の清掃・管理がきちんと行き届いていない物件は、管理組合がきちんと機能していないという可能性があるからです。

 

管理会社のサポート能力もチェック

多くのマンションでは、管理業務を管理会社に委託しています。

管理人は常駐しているのか、定期的に巡回しているのか、こういった点も確認し、物件を選ぶようにしましょう。

 

おわりに

中古マンション購入時には、「管理」が行き届いている物件を購入することができるよう注意しましょう。

そうすることで、購入後もより心地の良い日々を過ごすことができるようになるでしょう。

タグ : マンション 注意 中古 マンション管理
The following two tabs change content below.
アバター

株式会社日住サービス

日住サービスは大阪・兵庫・京都の不動産探しのお手伝いをしている総合不動産企業です。不動産に関するあらゆるご相談を承っております。