不動産売却の手数料について 手数料の相場はどのくらい?

2021.01.21売却
Pocket

不動産売却

不動産売却時に発生する仲介手数料について、あまりよく分からないという方も少なくありません。

仲介手数料の金額を提示されても、不動産取引に詳しい知識を持っていないとその金額が安いのか高いのか分からないのではないでしょうか?

今回は、不動産売却の手数料について・仲介手数料の金額に相場はあるのか・どのくらいの金額を支払う想定をしておけば良いかについてご紹介していきます。

 

不動産売却で生じる仲介手数料とは?

不動産を売却したいという際に不動産会社に依頼を行うと、購入者とのさまざまなやり取りを取り持ってくれます。

不動産売却は個人で行うこともできますが、やはり専門の知識がないと困難な手続きやトラブルを起こす可能性もあるため、一般的には不動産会社に仲介を依頼します。

不動産売却で生じる仲介手数料とは、不動産売却の際に仲介役を行ってくれる不動産会社に対しての「不動産取引の成立時に支払われる報酬」ということになります。

仲介手数料は不動産を売却するための活動し、売買契約を交わすことに対する報酬になるため、売却の契約が成立して初めてその料金が生じる仕組みとなっています。

 

仲介手数料の料金相場

仲介手数料

仲介手数料の料金相場というものは無いのですが、法律で決められた上限額があります。

その上限額は以下のように定められています。

・200万円以下の部分は、取引額の5%以内

・200万円超400万円以下の部分は、取引額の4%以内

・400万円超の部分は、取引額の3%以内

という上限になっています。

この3つの部分の仲介手数料をそれぞれ計算し、すべての料金を合算させる必要があります。

ただ仲介手数料の計算は時間がかかるので「速算法」を使って目安として算出する方法もあります。

 

売却価格が200万円以下の速算法

仲介手数料=売却価格の5%+消費税

 

売却価格が200万円超400万円以下の速算法

仲介手数料=売却価格の4%+2万円+消費税

 

売却価格が400万円超の速算法

仲介手数料=売却価格の3%+6万円+消費税

 

本来、仲介手数料の計算方法はかなり複雑なものなのですが、この速算法で計算することで簡単に手数料を算出することができます。

また200万円超の速算法に関しては、「4%」「3%」を単純にかけただけでは本来の仲介手数料に達しないため、プラスで金額を追加します。

「+2万円」「+6万円」は決して多く支払っているのでなく、正しい手数料にするための調整金額ということになります。

 

仲介手数料を支払うタイミング

仲介手数料の相場

仲介手数料を支払うタイミングについて、不動産会社に売却仲介依頼をした時点では、仲介手数料は発生しません。

成果報酬型の仲介手数料が発生するのは、あくまでも売却の契約が成立した瞬間です。

しかし、多くの場合、売買契約が締結した時点では不動産の引渡しが完了していません。。

そのため実際に仲介手数料を支払うタイミングとしては、売却契約が締結した時点で半額支払い、引渡しが済んだ後に残りの金額を支払うケースが多いです。

売主のスケジュールや準備金に応じて、引渡し時に一括で仲介手数料を支払うなどの交渉は可能になります。

前もって依頼する不動産会社に、仲介手数料の支払いをするタイミングについて確認しておくと安心でしょう。

 

おわりに

今回は、不動産売却の手数料について・仲介手数料の金額に相場はあるのか・どのくらいの金額を支払う想定をしておけば良いかについてご紹介しました。

仲介手数料は不動産の売却契約が締結した時点で発生する報酬なので、基本的には売主と買主がそれぞれ支払うことになります。

仲介手数料に相場というものはありませんが、今回ご紹介した内容を参考に、売却予定の不動産手数料の金額がどれくらいになるのかを想定してみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度参考にしていただけますと幸いです。

タグ : 売却 不動産売却 手数料
The following two tabs change content below.
アバター

株式会社日住サービス

日住サービスは大阪・兵庫・京都の不動産探しのお手伝いをしている総合不動産企業です。不動産に関するあらゆるご相談を承っております。