日住サービスは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行、三井住友信託銀行、日本生命保険、住友生命保険、東京海上日動火災保険、カワサキライフコーポレーション、神鋼不動産、和田興産などが資本参加している資本金15億6,850万円の総合不動産会社です。(東京証券取引所上場)

トップ > 日住サービスの不動産鑑定

日住の不動産鑑定

日住の不動産鑑定/不動産鑑定報酬のお見積は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。お客様のニーズに応じて、適切なサービスをご提案させていただきます。

株式会社日住サービス 鑑定部/フリーダイヤル:0120-341-904不動産鑑定に関する お問い合わせ

こんな場合に不動産鑑定は役立ちます

個人のお客様法人のお客様

鑑定士のご紹介

写真

専任不動産鑑定士 鹿島 秀一

昭和50年生まれ。不動産鑑定事務所で約8年間に亘り鑑定評価の実務経験を積んだのち平成25年4月より現職。

日住サービスの鑑定評価の強み

  1. お客様の様々なニーズに応じた鑑定評価
  2. 創業40年、関西直営37店舗網を活かした豊富な取引データの活用、緻密な分析
  3. 総合不動産業の特色を活かしたコンサルティング

不動産は世の中に同じものがなく、ひとつひとつの個別性が強いことから一般の商品のように定価というものが存在しません。
また公示価格や路線価、固定資産税評価額、取引価格など1物4価などとも言われ「適正な時価」って結局、何?と思われることもあるかもしれません。
鑑定評価では、経済動向や社会情勢、不動産の存在する地域の状況や個々の不動産が有する特性を分析し、実際にその不動産をどういう人が購入するのか、またどういった利用方法が最適なのかという観点から不動産の適正な時価を求めます。
具体的には、これらの分析を通じて原価法、取引事例比較法、収益還元法等の手法を使って様々な角度から不動産の価値を把握するということになります。
日住サービスの鑑定評価の最大の特徴は、関西圏に根付いた総合不動産企業が行う鑑定評価ということになります。
すなわち、相場観はもちろん、その不動産の購入者像や手法適用時の採用数値など、「現実の市場」をより具体的かつ緻密に反映することが可能なことから、説得力の高い鑑定評価を行うことができます。

お問い合わせからご提出まで

不動産鑑定の流れ

↑このページのトップへ

営業所一覧

全店直営36店舗

営業所一覧はこちら

  • スクロール地図から探す
  • 物件情報お届けサービス「2110Mail」
  • お気に入りを見る
  • 今週のオープンハウス
  • 今週のチラシ情報
  • 投資・事業用物件の検索・ご相談
  • 貸店舗・貸事務所物件検索
  • 新築一戸建て特集
  • 土地特集
  • 弊社売主の物件
  • エリアおすすめ情報
  • 日住サービスはヴィッセル神戸のオフィシャルスポンサーです
  • 日住サービスの中古住宅・土地の診断付仲介
  • 京阪神マンションライブラリーMANSIONlib.com
  • 空室・空家巡回サービス
  • 防犯カメラ
  • 住宅ローン控除
  • 相続対策
  • 不動産鑑定のご案内
  • ローンシミュレーション
  • 『既契約者さま お取引特典』プレゼント
  • 紹介謝礼制度
  • home navi
  • 仲介業者様はこちらから(空室一覧)
  • 採用情報
  • 携帯電話・スマートフォンでも2110.jpサイト
  • 東証上場